ドイツ 都市情報

ドイツマップ ベルリン フランクフルト ミュンヘン ハンブルグ(その他都市)) デゥッセルドルフ(その他の都市) ハイデルブルグ(その他の都市) フライブルグ(その他の都市)

ベルリン Berlin

ベルリン Berlin

激動の歴史を刻むドイツの首都

ベルリン北東部に位置するドイツの首都。かつてプロセイン国王により建国されたドイツ帝国の首都でもあり、同帝国が崩壊した第1次世界大戦後のワイマール共和国時代には「黄金の20年代」を象徴する街として繁栄しました。第2次世界大戦後、1961年に建設された「ベルリンの壁」は、東西冷戦の象徴として、1989年に壁が崩壊するまで数々の歴史の悲劇の舞台となり、激動の歴史の一幕として世界史に刻まれています。1990年の東西ドイツ統一後、ベルリンは再び首都として政治の表舞台に舞い戻るとともに、アート、ファッション界の活気溢れるトレンドやサブカルチャーと結びついて急速に変化し、いま最も目の離せない注目スポットとして多くの人々を惹きつけてやみません。

ブランデンブルク門、国会議事堂、ペルガモン博物館(博物館島)、ベルリン大聖堂、壁博物館、イーストサイドギャラリーなど

ベルリンの語学学校

ミュンヘン München

ミュンヘン München

世界で最も住みやすい都市の上位にランキングされるババリア*の至宝

ミュンヘン Münchenベルリン、ハンブルクに次ぐ国内第3の大都市。豊かな自然に囲まれ、威厳ある建物の美しさで名高い、南ドイツはバイエルン州の州都です。市内にあるゴシックやバロック様式の教会、歴史ある博物館、華やかな宮殿、世界的な名作を所蔵する美術館などが、街の景観を美しく彩っています。市内に数多くあるビアガーデンは、陽気で気さくなミュンヘン子で連日賑わい、ドイツ有名自動車メーカーBMWや一流サッカークラブが本拠地とする、アルプスの麓の麗しき都は、ロマンチック街道など風光明媚な南ドイツの観光スポットへのアクセスも抜群です。
*ババリアとは、バイエルンの英語名です。

マリエン広場、新市庁舎、フラウエン教会、レジデンツ(王宮)、英国庭園、オクトーバーフェスト(9月末〜10月初旬)など

ミュンヘンの語学学校

フランクフルト Frankfurt am Main

フランクフルト Frankfurt am Main

欧州随一の金融&ビジネスのメトロポール

フランクフルト Frankfurt am Mainドイツ西部ヘッセン州、マイン川の下流域に位置し、ユーロの金融政策を担う欧州中央銀行をはじめ、ドイツ連邦銀行、大手銀行本店、証券取引所、外資系金融機関の超高層ビルがひしめき合う様子から、マンハッタンならぬ「マインハッタン」という異名を持つ街です。文豪ゲーテを生んだ薫り高き文化の歴史を持ちながら、世界最古の見本市でも有名な商業都市で、現在は多彩な国籍が集うインターナショナルな都市に発展。ナイトクラブやテクノカルチャーの発信地として、また名門スポーツクラブを有するなど、多面的な魅力に満ち溢れています。欧州最大規模の国際空港があり、欧州の玄関口とも言えます。 

レーマー広場、マイン河畔、ゲーテ博物館、オペラ座、名物アップルワイン電車、ショッピング街(通称“ツァイル”)など 

フランクフルトの語学学校

ハンブルク Hamburg

ハンブルク Hamburg

港町特有の魅力あふれる自由ハンザ都市

ハンブルク Hamburgヨーロッパ随一の港湾を有し、市内中心部には広々としたアルスター湖や、幾重にも張り巡らされた運河などベネツィアやアムステルダムと並び称される水辺の都として、他の都市にはない特有の景観で愛されるドイツ北部の都市。ドイツで2番目の大都市であるハンブルクは、1つの都市でありながら、連邦州でもあるという特別市*です。コンパクトな街の中心部には、美術館や教会、運河にかかる橋が多数あります。娯楽文化も奥深く、大型ミュジーカルシアターやオペラハウス、また悪名高い歓楽街レーパーバーン、そして港町ならではの新鮮で美味しい魚介類でグルメな街としても有名です。国内主要マスコミ、出版社各社が拠点とし、元首相や有名人など富裕層が多い都市としても知られています。
*ハンブルクのほか、ベルリン、ブレーメンの3都市が、都市でありながら州を成している特別市です。

アルスター湖畔、市庁舎、ハンブルク港と倉庫街、フィッシュマルクト(魚市)、レーパーバーン、水路クルーズ、など

ハンブルクの語学学校(その他の都市)

デュッセルドルフ Düsseldorf

デュッセルドルフ Düsseldorf

ドイツの「リトル・トーキョー」として日本人が住みやすい街

デュッセルドルフ Düsseldorfドイツ西北部に位置し、ライン川の雄大な景観を望むデュッセルドルフは、ルール地方を有するノルトライン=ヴェストファーレン州の州都です。恵まれた地形で、陸路、水路、空路ともに交通インフラが充実し「ルール工業地帯の事務机」と呼ばれ、企業にとって理想的なビジネス環境が整う地として、現在約450社の日系企業が拠点としています。日本レストラン・食料品店・本屋などが軒を連ねるインマーマン通りは、まさしくリトル・トーキョーの雰囲気を醸し出しています。そのほか、瀟洒な通りケーニヒス・アレー(通称「ケー」)や、熱狂的なカーニバル、「世界一長いバーカウンター」と呼ばれる旧市街地の飲屋街など、ビジネス面だけでなく豊かな文化も魅力的な街です。

旧市街、ショッピング通り(ケーニヒス・アレー通称”ケー”)、ハイネハウス、ロベルト・シューマン記念館、州立美術館K21&K20、など

デュッセルドルフの語学学校(その他の都市)

ハイデルベルク Heidelberg

ハイデルベルク Heidelberg

ロマン溢れる壮大な古城と学生の活気を併せ持つ大学街

ハイデルベルク Heidelbergフランクフルトから南西へ約100キロ、ライン川とネッカー川の合流地点に位置する大学街。マンハイムから始まり百塔の都プラハまで続く人気の「古城街道」の観光ハイライトとしても有名です。小高い丘にそびえる世界遺産のハイデルベルク城とカール・ヤスパースやマックス・ヴェーバーなど数々の偉人を輩出したドイツ最古の大学を併せ持つ街は、コンパクトな都市サイズながら、心地よいバーやレストラン、劇場が数多くあり余暇を満喫できます。一度この魅力溢れる街を訪れれば、世界中から集まる観光客や学生達が、なぜこの街をこよなく愛するのか、その理由が分かるはずです。

ハイデルベルク城、旧橋(アルテ・ブリュッケ)、マルクト広場、聖霊教会、学生牢、哲学者の道 など 

ハイデルベルクの語学学校(その他の都市)

フライブルク Freiburg

フライブルク Freiburg

自然豊かな黒い森の玄関口にあるクリーンな楽都

ハイデルベルク Heidelbergスイスとフランスの国境に程近いドイツ西南部に位置し、豊かな自然、バーデン地方の美食料理をはじめとする文化の多様性、恵まれた気候から、ドイツでも最も過ごしやすい都市の1つと言われています。また、環境保護では先進的な取り組みをしていることから環境都市として名高く、市街中心部への自動車乗り入れの制限、路面電車の強化、太陽光発電の研究所誘致によるエネルギー開発や生産の拠点として成功したモデルケースであることから、多くの視察団が世界中から訪れます。一方で、フライブルク音楽大学へは日本からの留学生も多く、落ち着いた環境で集中して学力を高めるには理想的な街と言えるでしょう。 

大聖堂、ミュンスター広場、旧商館カウフハウス、アウグスティーナ広場、アウグスティーナ博物館 など

フライブルクの語学学校(その他の都市)