ドイツ留学の魅力

ドイツ留学7つの魅力

ドイツ」と聞いて、何を思い浮かべますか?

ビールやソーセージやバウムクーヘンなどのグルメ、文豪ゲーテを代表する文学、ベートーベンやバッハの美しい音楽、熱狂的なサッカー、車好きにはたまらない良質車にアウトバーン…と様々なイメージが浮かびますが、実際のドイツでの生活はどのようなものでしょうか。ここでは、ドイツ留学を志す皆さんに知っていただきたい『ドイツを選ぶ7つの理由』をご紹介します。

外国人が暮らしやすく、高水準の教育を低コストで受けられる国

外国人が暮らしやすく、高水準の教育を低コストで受けられる国ドイツでは安定した経済状況が続いており、治安の良い都市が多く、法制度的な面から見てビザが取得しやすい国の1つです。また、先進国の中では比較的物価が安いという点も、暮らしやすさという意味において重要なポイントと言えます。大学進学の状況に関しては、近年の大学革命に伴い、学費有料化の傾向にあるものの、まだまだ高水準・低コスト教育が確保されている国と言えるでしょう。また、ドイツ国内には有能な講師を抱える語学学校も数多く存在し、効率的に語学を習得するのに最適な環境が整っています。このようにドイツは、快適な生活環境の下で、出費を抑えつつ良質な留学を実現できる国なのです。

EUで最も多くの人が母語とする言語

海外でのキャリアアップ & 就職を叶えるドイツ語人口は世界で約1億2000万人、欧州連合(EU)域内では約1億人の母語話者がいると言われています。EU域内では英語に続く優勢言語という認識から、重要な第2外国語として学ばれており、ドイツ語を習得することでEU域内でのビジネスや旅行のみならず、文学や芸術など、趣味の領域においても利便性が高まるという、魅力的な言語です。

経済大国でありながら、環境&エネルギー技術・政策で先端を行く国

環境ドイツは世界第4位の経済大国で、EU内では最大の国内総生産(GDP)を誇ります。また、中国に次ぐ世界第2位の輸出大国でもあり、名実共にEUの大黒柱となっています。主要な産業分野は自動車製造、機械工業、電機・電子、化学、環境技術、精密機械工業、光学、医療技術などです。ヨーロッパ随一の特許申請国として、日本、米国と並んで世界で最も革新的な国に数えられ、マックス・プランク研究所など、世界をリードする先端科学研究機関もあります。特に環境保護への関心は突出しており、再生可能エネルギー政策にも国を挙げて取り組んでいることは有名です。

海外でのキャリアアップ & 就職を叶える

海外でのキャリアアップ & 就職を叶える日独両国の合意に基づき、ドイツはワーキングホリデービザ*を取得できる国の1つとなっています。また、語学力や就労経験を生かした転職マーケットも成熟しています。ドイツで働く場合、ドイツ語のスキルは必須ですが、ビジネスの場では英語が共通語として使用されるケースも少なくありません。専門スキルを磨き、語学力を高め、それらを生かす場として、ドイツでの就職やインターンシップ体験などにチャレンジしてみませんか。海外で培った就労経験は、その後の人生をより深みのあるものにしてくれるはずです。

* ワーキングホリデービザ:日本国籍を所有し、申請時の年齢が18~30歳で、被扶養家族を渡航に伴わず、最長365日ドイツに滞在し、就労(アルバイト)することが可能なビザです。

連邦制の魅力

連邦制の魅力ドイツは16の連邦州から成る連邦制国家で、各州はそれぞれ憲法、議会、政府を有しています。州ごとに定められている法律が多く、教育に関しても、大枠は全国で統一されているものの、詳細な規定の決定権は州に属します。このように分権制が成熟しているため、人口も分散的で一極集中型ではありません。同じく文化面でも、それぞれの州や地域に独自の風土や伝統が根付いており、その豊かさはこの国を訪れる人々を魅了して止みません。各地域のオリジナリティーこそが、ドイツという国の奥深さを一層際立たせているのです。

ヨーロッパの中央に位置し、近隣国へのアクセスも便利

ヨーロッパの中央に位置し、近隣国へのアクセスも便利ドイツはヨーロッパの中央に位置し、フランス、スイス、オーストリア、チェコ、ポーランド、デンマーク、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの9カ国と隣接しています。隣国へのアクセスが良いという地理的メリットから、ドイツにヨーロッパの拠点を置く日系企業も多く、欧州での就職を目指すのに適した環境が整っています。また、空・陸路(アウトバーンや高速列車EC・IC・ICE)ともに、ドイツ各都市とヨーロッパの主要都市を結ぶ交通インフラが整っているので、旅行好きには理想的な国と言えるでしょう。

日本人選手大活躍のスポーツ、芸術も熱い!

日本人選手大活躍のスポーツ、芸術も熱い近年、サッカーをはじめ、ドイツの名門クラブに加入する日本人スポーツ選手が急増しています。日本人選手ほか、海外の名選手のプレーがライブで観戦できるというのも、今やドイツ滞在の醍醐味の1つとなっています。手に汗握る白熱のプレーや広いスタジアムにこだまするサポーターたちの熱狂的な応援など、スタジアムではドイツならではのスポーツ文化を垣間見ることができます。一度味わったら、そんなドイツの熱い一面に病み付きになるかもしれません。芸術面でも魅力は尽きず、質の高いオペラやバレエの公演、クラシック音楽のコンサートなどが、安価なチケットで気軽に鑑賞できます。また、豊かな歴史に育まれた美術や建築、熱い視線を集めるモダンアート・シーンにも注目です。