ドイツ 留学までの流れ

ドイツ留学までの流れ

「留学をしたい!」と決意してから、実際に渡航し留学生活をスタートするまで、一般的にはどの位の準備期間が必要でしょうか。留学期間にもよりますが、私立の語学学校であれば、殆どの学校で様々な語学レベルやプランに対応しており、年中いつでも受講スタートが可能ですので、渡航まで3ヶ月〜半年まで見込めば良いでしょう。大学進学などの場合は、語学力を一定レベルに磨いたり、限られた出願時期(ドイツの場合、通常年2回。学科によっては年1回。)の関係で、短くても6ヶ月〜1年は必要です。ここでは、留学の大まかな流れをみてみましょう。

情報収集

なぜ留学がしたいのか。海外経験を通して何を得たいのか。それを今後どのように生かすのか。 せっかくの留学を有意義なものにするため、目的を定めましょう。

留学プランの決定

留学の目的を達成するため、留学先や留学方法などのプランを検討する必要があります。検討材料となる候補や情報を集めましょう。

出願準備と手配

収集した情報の中から、自分に適切と思われる留学先、期間、費用、条件等の留学プランを決定します。

入学手続

学校入学の申込の際に必要な書類や、必要に応じてビザ申請の準備をします。

渡航手続

出願後、入学が確定したら入学手続きを進めます。授業料支払いや、また必要に応じて滞在先手配やビザ申請なども行います。

渡航・現地生活のスタート

航空券、海外保険、現地での空港送迎などの渡航手続きを進めます。

渡航・現地生活のスタート

無事現地に到着後、いよいよ留学生活がスタートします!

3ヶ月以上滞在する場合には速やかに住民登録をし、渡航後のビザ申請が必要な場合は3ヶ月以内に行います。

>> 学生ビザについて
>> ワーキングホリデービザについて