ドイツ その他の交通手段での移動

ドイツ渡航/生活ガイド その他の交通手段での移動

【タクシー (Taxi) 】

ドイツのタクシーはクリーム色で、車上には黄色いTAXIマークが掲げられています。車種はメルセデス・ベンツなどドイツメーカーが圧倒的に多く、日本のタクシーと異なる点は、自動ドアがないこと。客が手動でドアを開けます。また、1名で乗車する際は大抵助手席に誘導されますが、後部座席を選択しても問題ありません。主要駅にはタクシー乗り場が併設されています。タクシーが乗り場に見当たらない場合、タクシー乗り場にある専用電話を利用します。流しのタクシーはほとんどなく、タクシー乗り場で乗るか、各都市の専用コールセンターに問い合わせ、所定の場所に呼ぶ方法が一般的です。車内は原則禁煙です。夜間と日曜日は割増料金が設定されています。支払いにクレジットカードは使用できません。チップは距離にもよりますが、合計金額の10%、短距離であれば端数の切り上げと考えれば問題ないでしょう。

【レンタサイクル (Call a Bike) 】

ドイツ渡航/生活ガイド,Call a Bike,レンタサイクル

ドイツ鉄道(DB)が提供しているレンタサイクル・システム(Call a Bike)が都市部を中心に普及しています。公式ウェブサイトもしくは専用ダイヤルから登録し、登録完了後は即日利用が可能です。初回登録費用(利用料金含め、全てクレジットもしくはECカード決済)が掛かりますが、一部はその後の利用料金に充てることができます。実際にレンタルステーションで自転車をレンタルする際は、各自転車に記されているコールセンター番号に電話をし、解錠コード(Öffnungscode)を入手。コードを入力すると自転車が使えます。返却時は、解錠時に掛けたコールセンターに再度電話をし、返却場所のボックスに記されたコード(Quittungscode)とステーション番号をSMSで入力すれば返却完了です。1分8セント、24時間9〜15ユーロとお手頃な価格に設定されており、DB会員カード所有者の特別料金や学生割引もあります。

登録方法や料金、各種情報に関して、詳しくは公式サイトにてご確認ください。
www.callabike-interaktiv.de

* ドイツの自転車は欧米人の体格に適した仕様なので、女性や小柄な方はご注意下さい。

【カーシェアリング (Car Sharing) 】

共通の目的地を持つ者同士が同乗し、ガソリン代をシェアすることで費用を節約するカーシェアリングは、以前からドイツでは若者や学生の間で比較的よく利用される一般的な移動方法です。専門の掲示板に車の所有者が出発地と行き先、条件などを出発の数日前に書き込み、同乗者を探すというものです。移動費が大幅に節約でき、同乗者との有意義な情報交換や会話を楽しめるという利点もあります。その一方で近年、都会に暮らす車を持たない層を中心に普及し始めている新型のカーシェアリングサービスもあります。代表的なものは、BMWやMINIのスタイリッシュな車種で人気の「DriveNow」や、2人乗りスマート車両専用の「Car2go」などです。キー代わりになるメンバーズカード1つでレンタルが開始でき、タンク不要、燃料込みのお手軽料金、所定エリア内での乗り捨て自由……など、簡単で分かりやすい利用システムが人気の理由です。運転に自信のある方は、これらトレンドのカーシェアリングを市内の移動に利用してみてはいかがでしょうか?

カーシェアリング専用サイト: www.mitfahrgelegenheit.de
DriveNow: www.drive-now.com
Car2go: www.car2go.com

【飛行機 (Flugzeug) 】

ドイツのフラッグ・キャリアといえば、ルフトハンザドイツ航空です。ハブ空港は、フランクフルト国際空港とミュンヘン国際空港で、日本—ドイツ間の直行便はこの2つの空港に離着陸します。ドイツでは国内線/国際線ともに空路が発達しており、国内移動でも長距離の場合には、飛行機での移動がスピーディーです。乗客需要や競争があるため、航空ビジネスも盛んで格安航空会社(LCC)が国内に幾つかあります。LCC各社が提供する格安チケット、またオンライン・チェックインなど気軽に利用できるシステムの整備が進んでいるおかげで、空の旅が広く普及しています。

ルフトハンザ航空: www.lufthansa.com

ドイツの主なLCC各社
airberlin: www.airberlin.com
germanwings: www.germanwings.com
TUIfly: www.tuifly.com