シュプラッハフォーラム・ハインリッヒ・ハイネ・デュッセルドルフ Sprachforum Heinrichheine Düsseldorf

Duesseldorf / デユッセルドルフ

学校概要

日本人が少なめで落ち着いた環境でドイツ語が学べる穴場校

1992年開校以来、四半世紀以上の実績を持つドイツ語専門の同校は、経験豊富なネイティヴ講師陣が自慢。学習環境とクオリティを重視しており、コースのバリエーションや課外アクティビティなどは少ないものの、落ち着いてドイツ語習得に励むことができる。夜間コースもあるので、市内で働きながら中上級のドイツ語を習得したい方にもオススメ。市内南エリアになるデュッセルドルフ大学近くにある。telc/TestDaF試験センター指定校。

体験者の声

シュプラッハフォーラム・ハインリッヒ・ハイネ・デュッセルドルフ学校に通う生徒のタイプは様々です。大学入学を目指して長期的に学んでいる人や、バイトや仕事で必要なレベルのドイツ語を習得するために学んでいる人などがいます。年齢は20代前半が最も多いですが、30~40代くらいの人も見かけます。私のクラスには全部で14人いましたが、たいてい誰かが欠席するので、結局11~13人で授業が行われます。グループレッスンにはちょうどよいサイズだと思います。私を含めて日本人が2人いる以外は、国籍が全くかぶらない理想的な集まりです。先生はドイツ語のみで授業をします。挨拶や自己紹介、趣味、観光、買い物などのベーシックなシチュエーションが次々と導入され、それに伴う表現を学びます。同じことを何度も反復し、たたみかけるようにして登場する新しい単語やコンセプトを記憶していきます。授業スタイルは、スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングの全てを網羅していますが、特に2、3人でする会話の練習をたくさんさせられます。とても良い学校だと思います。(Tさん)

学校全体が少人数であることから、とても勉強しやすい学校に感じます。発言の機会を多く持つことができ雰囲気もいいです。クラスのレベルにもよりますが、大学進学希望者が多い為真剣に学ぶ生徒が多いです。ワーホリの生徒さんもたまに見かけますが、長く在学している人は大学進学や音楽(オペラ)の勉強の為にドイツ語が必要な人が多いと思います。市内の他の学校もよい学校もあり日本人には人気が高いのですが、お値段が少し高めなため、私はSprachforumを選びました。勉強しやすくこの学校にして良かったと思っています。(Mさん)

 

料金★★
クラスの人数★★★
サービス★★
宿泊手配なし
日本人の比率★★

基本情報

私立・公立私立
全生徒数130名
クラスの最大人数18名
クラスの平均人数10〜15名
平均年齢20〜30歳
レベル数 10(A1.1 - C1.2)
受講開始日原則、所定日スタート 
最低受講期間1週間
学生の国籍比ヨーロピアン(40%) 韓国を中心にアジア圏(40%) ブラジル(10%) アラブ圏(10%)
日本人比率12%
日本人スタッフなし
手配可能な滞在方法手配なし ※2018年1月以降の手配はなくなりました
  • 住所Witzelstrasse 63, 40225 Düsseldorf
  • URLhttp://www.sprachforum.de/
  • 最寄り駅Uni-Kliniken駅(U71,73,83またはTram704)から徒歩3分

カウンセラーからのアドバイス

インテンシブコースは、2ターム以上の申込みで割引があるのでお得!ただし、宿泊手配は2018年1月以降はサービスが終了しているので気をつけたい。現地での宿泊は自己手配が必要。2009年以降は市内のテニスアカデミーとの提携を始め「ドイツ語+テニス留学」のプログラムにも組んでいる。

プログラム名内容料金目安
インテンシブコース週25レッスン、4週間1ユニットのグループコース(100時間/月)1ターム/460ユーロ〜
試験対策コース全2週間/週3回午後、8名以下の少人数コース、TestDaF/telc C1 Hochschule対策200ユーロ〜
マンツーマンレッスンマンツーマンレッスンレッスン数による
  • 夜間コース(週2回)
  • 医師のための専門ドイツ語