ドイツ ワーキングホリデー

ドイツ ワーキングホリデー

ワーキングホリデー制度とは

ドイツワーキンギングホリデー制度は、日独間の合意のもと2000年12月より開始されました。日本の若者がドイツの文化や生活に触れ、両国間の文化理解を深めることを目的とした制度です。滞在期間は3ヶ月*〜1年以内(最長365日)となっており、期間中は、滞在費を補うためドイツで働くことが出来ます。2010年6月より、就労日数の上限もなくなり年間を通して仕事ができるようになりました。ただし、1つの職場で働ける最長就労期間は6ヶ月までです。Au Pair以外の、ドイツの様々な職場で就労が可能です。

年間の募集定数を設けていないので、申請資格を有する方は、各々のプランにあわせた時期に申請、ドイツへ出発することができます。ドイツのワーキングホリデービザは、生涯に1度しか申請できません。発給手数料はかかりません。

*3ヶ月以内のドイツ滞在の場合、ビザ申請は不要ですが、観光扱いとなりますので就労はできません。

最長で365日ドイツに滞在し、現地働くことが法的に認められているワーキングホリデーを有効に活用するためには、様々な滞在プランがあります。まず語学学校に通い、日常生活を問題なく送るための語学力を身につけ、国内やヨーロッパ周遊、短期アルバイトなどを計画するのも良いかもしれません。