【2カ国WH】ドイツ+カナダのブーム到来

カナダワーホリからベルリンを目指す!?

近年、カナダワーホリからベルリン渡航が増えています。

「カナダでワーホリ中に知り合った友達が、次はベルリンにワーホリに行くらしいんですが、ベルリンってどうですか?」

こういう前置きで、ドイツのお問合わせが最近増えているのです。

その背景には、ドイツは都市部を中心に英語が通じる環境であることが挙げられます。カナダ(や英語圏)でこれまでブラッシュアップした英語が即戦力として役立ち、かつ自然豊かなカナダと似ているので馴染みやすく、ドイツをセカンドワーホリの目的地として選択する方が急増中なのです。

はじめから非英語圏のワーホリにはちょっと勇気が必要・・・

ファーストワーホリで英語に自信がつけば、ドイツの都市部も怖くない?!はじめからドイツ渡航が本命の方も、まずは英語圏のワーホリ生活でノウハウを身につけてから。と、計画的なステップとされる方も。

ドイツをセカンドワーホリに利用するもう1つの理由

スバリ!その理由は、他国に比べて ”費用を抑えることができる”こと。

以下は、ワーホリ渡航の主要都市での比較の一例(目安)になります。まずはご覧ください。

オーストラリアカナダイギリスフランスドイツ
都市シドニーバンクーバーロンドンパリベルリン
言語英語英語英語フランス語ドイツ語/英語
学費(3カ月間)34万円~32万円~33万円~38万円~17万円~
ホームステイ(3カ月間)32万円~25万円~27万円~40万円~22万円~
生活費 (ホームステイ終了後の9ヶ月間)117万円~(13万円/月)108万円~(12万円/月)126万円~(14万円/月)144万円~(16万円/月)90万円~(10万円/月)
航空券代(往復) ※渡航時期によって異なる12万円~13万円~11万円~11万円~11万円~
留学保険代 ※加入プランによって異なる13万円~13万円~13万円~13万円~10万円~
留学費用合計208万円~191万円~210万円~246万円~150万円~
参考為替レート ※レートは随時変動$1=85円$1=88円£1=154円€1=133円€1=133円

こうして欧米の人気ワーホリ国を比較してみてると、ドイツは「費用」がダントツに安いのが一目瞭然です。

ドイツのワーホリ資金は150万円~が相場

ワーホリ中の1年間は働かない!リラックス&リフレッシュするぞ!と決めている方は、上記費用を一つの目安になります。(ただし、生活費はライフスタイルによって個人差があります)

ドイツでアルバイトをすることも検討されている場合、4ヶ月目以降の生活費はアルバイトの給料でカバーする事も、全くの不可能ではありません。その場合、現地での生活費(例えば3ヶ月の語学留学終了後の9ヶ月間)は実質0円(ゼロ/現地収入で補填) となるので、出発前の予算 60万円~でもワーホリ生活がスタートできる見込みも!

さらに!

英語とドイツ語のビジネスレベルの語学力プラス即戦力としての資質、学歴や職務経歴があれば、現地での就労ビザへの切替が出来る可能性もあります。就労ビザに切り替えることで、安定した収入を得て、現地生活の基盤をより長期に渡って築くことも可能になります。

また、海外企業での実務経験を積むための企業インターンシップ(この場合は、無給も多い)にも適しています。ヨーロッパ滞在のいずれかの国を検討中の方が、ドイツを拠点に欧州就職を展開されるケースも増えています。

ヨーロッパを満喫しながら、第2外国語の習得もできる強み

英語にプラスもう1言語を習得したい!

そんな野望がある方にもオススメな国がドイツ。ドイツ語は、英語と同じ語源になるので、類似点も多いのが特徴。英語が得意な方の第二言語の習得としては、比較的チャレンジしやすいと言えます。

また、ヨーロッパ大陸の中央にあるドイツは、9カ国と隣接しています。カナダやオーストラリア、ニュージランドなど1つ英語圏でのワーホリ滞在ではなく、文化や言語のバリエーションを求める方にも魅力です。

ヨーロッパは陸路・空路ともに長距離バスやLCC就航が網の目のように張り巡らされているので、様々な国の方とヨーロッパを舞台に交流を広げたり、ネットワークを築くこともできます。

ワンポイントアドバイス

カナダワーホリ経験者のカナダ専門スタッフ&ドイツワーホリ経験者のドイツ専門スタッフがダブルサポートできるのはアフィニティの強み!これまでカナダ〜ドイツワーホリを実現された弊社のお客様の体験談も含めてご案内も可能です♪

 

\ドイツ⇄カナダのワーホリのご相談もOKです!/

 

カナダのことも知りたくなったら  

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 アフィニティ・カナダ留学 まで!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

  • 東京
  • 大阪
  • 福岡
お問い合わせ