ドイツワーキングホリデーの相談はアフィニティに!

18歳から31歳の日本とドイツの若者が、互いの国で生活し、より深い文化理解を実現する目的として締結された制度『ワーキングホリデー』

ドイツ生活を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労も認められているビザとなるため、滞在が許可された期間中は、

  • 語学学校での就学(就学期間に制限なし)
  • アルバイト(一つの職場での最長就労期間は6ヶ月まで)
  • 観光(国内外*問わず)

等を楽しむことが可能です。
*国外旅行に行く場合は、渡航先の入国規定や滞在規定を確認する必要があります

アフィニティでは、ワーキングホリデーをこよなく愛し公務員という安定した仕事を辞めてまで2か国ワーホリをしたスタッフ森山によるワーキングホリデー専門のコンサルティングを承っております。

①公務員を辞めてまで行きたかった!ワーキングホリデーの魅力

ドイツワーキングホリデーに、学歴や資格は必要ありません
申請時に満18歳以上30歳未満であること日本国籍を有していること子ども同伴ではないこと等の基本的な申請要件を満たしていれば、どなたでも申請することができます。

ドイツワーキングホリデービザは

  • ドイツ語力(英語)にまだ自信が無い方
  • 留学はしたいけど予算が少ない方
  • 就職前に海外留学を経験しておきたい方
  • 社会人になった後でキャリアチェンジしたい方
  • 仕事に疲れてリフレッシュしたい方
  • 外国人の友達や恋人が欲しい方
  • 海外移住に憧れている方

等、様々な目的の方に利用して頂ける万能ビザといえます!

ドイツワーキングホリデーの特徴である年齢制限(申請時点で30歳未満)が重要なポイントなのですが、みなさんは31歳を超えてしまった後に海外で働くというのは中々ハードルが高くなることをご存知でしょうか?
もちろん31歳を超えたからといって、海外で働くことができないという訳ではありません。
日本の企業から駐在として派遣された方国際結婚を機に移住された方現地で大学及び大学院を卒業され現地就職した方等、多くの日本人が海外で働いています。

しかし、現地での受け入れ先がない(ビザのスポンサーがいない)現地企業に応募できる英語力が無い今から海外大学に行く費用を準備することが難しい、という場合、海外就職の可能性はとても難しくなってきます。

だからこそ、(ほぼ)無条件でドイツにて就労のチャンスを与えてもらえるドイツワーキングホリデービザは、若者の特権といえるのです。
31歳を超えてしまうと、お金を払っても手に入れることができない貴重なビザと言えるでしょう。

カウンセラーからのアドバイス

ドイツワーキングホリデーでの滞在期間は1年間です。規定の期間を超えての滞在はできませんが、途中でワーキングホリデーを辞めて帰国することは可能です。必ず1年間滞在しないといけないものでは無いという点で、他のビザに比べ自由度が高いといえます。

②ワーホリスペシャリストに対面でのコンサルを希望する場合

 

アフィニティは、東京、大阪、福岡にオフィスがございます。
ワーキングホリデーのスペシャリストであるスタッフは福岡オフィスに常駐しているため、基本的には遠隔でのサポートがメインとなります。

福岡や九州にお住まいの方は、ご来社頂き対面でのご相談も承っておりますので遠慮なくご来社日時をご相談くださいませ。

カウンセラーからのアドバイス

ワーホリスペシャリストは、東京及び大阪での出張カウンセリングも行っております。(不定期)
出張カウンセリングのご案内は、アフィニティの公式ホームページもしくはTwitter等の各種SNSでもお知らせ致しますので、ぜひCheck☑してみてください!

③遠隔サポートをご利用頂いているお客様は全体の半数以上!


お住まいの地域に留学会社がある方は、わざわざ遠隔でサポートをしてもらう必要はないと思われるかもしれませんが、アフィニティのワーホリスペシャリストは、海外での語学留学及び就労経験(ワーキングホリデー・インターンシップ)を積んでいるスタッフです。
大手留学会社に依頼して手配してもらった経験と、自分で手続きを行った経験を持ち合わせているため、お客様の立場に立ってお客様が真に必要とされているサービスをご提供することが可能です。

ワーホリスペシャリストよりご案内が可能な国

  • イギリス
  • アイルランド
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア(留学のみ)
  • マルタ(留学のみ)
  • スペイン
  • アメリカ(留学のみ)
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • フィリピン(留学のみ)
  • フィジー(留学のみ)
  • ドバイ(留学のみ)

特にドイツ等の非英語圏の場合は、取り扱っているエージェントが少ないことから数多くの遠隔サポートをご依頼頂いております。
一度もお会いすることが無いまま、無事にご出発&ご帰国頂いている方も多くいらっしゃいますので、安心してご相談頂ければと思います。

カウンセラーからのアドバイス

ワーホリスペシャリストは、フランス及びドイツの語学学校を訪問しております。
ドイツ語学校でドイツ語コースも受講しており、自身のスペイン短期留学の準備中でもあるため、非英語圏での留学をご検討されている方にも、より詳細なご案内が可能です。

④ワーキングホリデーのコンサルを依頼する必要性


ドイツワーキングホリデーは、学生ビザを使用して留学する語学留学とは異なり、自由度が高くなります。
自由度が高くなるからこそ、どこの都市にする? 学校には行くべき? 家探しと仕事は実際どのように行うべき?等、自分で決めなければならないことが増えてきます。

もちろん他人任せにせず、自分で調べたり苦労をして準備を成し遂げることもワーキングホリデーの一環です。
バックパッカーのように自由に旅をしたい方は、コンサルは不要かと思いますが、ワーキングホリデーを機に自己成長を図りたい方は、留学コンサルタントにアドバイスを求めながら準備を進めることは決して甘えではありません。

多くの情報が簡単に手に入る今の時代、語学学校、航空券、保険、宿泊先、仕事先等を自分で見つけて予約をすることが容易に行える印象があるかと思います。
それでもなお留学会社に依頼した方がいいのは、安全に渡航し、目的を達成して帰ってくるために、客観的なアドバイスをくれるコンサルタントがいた方が良いからです。

アフィニティでのサポート内容

アフィニティのワーホリスペシャリストによるご相談は無料にて承っております。
しかし多くのご相談を頂いている関係上、アフィニティのサポートにご加入頂いたお客様へのコンサルタントを優先させて頂いていることをご了承ください。

アフィニティのサポートの詳細については以下のリンクよりダウンロードをお願い致します。
アフィニティ留学参加約款(サポート内容)
☑英語圏、非英語圏によって料金は異なりますが、英語圏は無料からお選び頂くことができるサポートもございます!

アフィニティには、各国でそれぞれに違う経験をしてきたスタッフが東京・大阪・福岡のオフィスに在籍しており、全国各地の皆様からのお問い合わせに対応させて頂いております。
(各オフィスでの連携も取れているため、相談中に留学方法渡航国を変えたくなった場合には、別のスタッフに引き継ぐことも可能です。語学留学にするか正規留学にするか等でお悩みの方も遠慮なくご相談ください)

お一人お一人のご希望をお伺いしながら、オーダーメイドのプランを作成しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

  • 東京
  • 大阪
  • 福岡
お問い合わせ